« このマスクプロジェクトを考える -其の1- | トップページ | このマスクプロジェクトを考える -其の3- »

このマスクプロジェクトを考える -其の2-

m.a.s.k.?プロジェクトでは

1.ハイカルチャー発信型モデル

2.企業発信型モデル

3.地域発信型モデル


この3モデルを柱として

マスクが持つネガティブな要素を

ポジティブなものへと転換して

この社会をより明るいものにしていくことを

目指していますが

次のステップとして大きな目標を前に

一体どういう活動をしていけば良いのか?

クリエイティビティとはどういった行為を指すのか?

この活動の結果もたらされるマイナスの要素要因の検証等

一歩踏み込んだビジョンで1つ1つ問題点を

確認していく必要があるでしょう。




●マスク自体の本質の検証

マスクマスクと言ってはいるが、はたして

本当にマスクは広く一般に受け入れられ

文化といえるまでの存在となり得るのでしょうか?

m.a.s.k.?プロジェクトではこの2ヶ月間、小規模ではあるが

アンケート調査なども実施してきました。

内容は以下参照

3


まず基本的にマスクを着用している人の理由は

花粉症や風邪予防のためがほとんどで

少数意見に顔を隠したいなどの理由はあるものの

想定しやすいので設問では省略してあります。

今回のアンケート調査で

知りたかったのはマスクを日常的に着けない人たちの

意識がどういったものなのか?ということでした。


というのもマスクそれ自体のイメージや固定観念を

払拭し、マスクが広く一般的なものになっていくには

今現在のマスクの用途以外での

活用方法や目的が必要だと考えたからです。


まず最初に考えられるのはやはりファッションアイテムとしての

マスクではないでしょうか?

帽子やメガネ、マフラーなどのファッションにアレンジを加える

アイテムとしてマスクがラインナップされても不思議ではありません。



Kako23
ダイバスターより。

メガネが以前は実用目的重視なアイテムであったのが

現在では様々なデザインや伊達メガネなど

ファッションの重要なアイテムになっています。

近年では雨の日に履く長靴などが

女性の間でブームになり実用目的重視から

ファッションアイテムとして進化していった例があります。

Kidsanimal

そうした面から言えばマスクも

ファッションに取り入れられて然るべき

なんですが、実はそうなりずらい。


過去にもいくつかマスクのファッション性について

話題になったことがあるようですが

実際にはそれほど大きなムーブメントに

いたらなかった経緯があります。

その理由はズバリ


“マスクは、着ける必要に迫られていないなら

なるべく着けていたくはないモノ”


であるからです。

それは帽子やメガネと違って

マスクが口や鼻を直接覆い、スムーズな呼吸を遮ったり

生理現象に係わる日常生活での違和感や不快感を

どうしても伴ってしまう存在であり、

その為、風邪や花粉症などの必要に迫られた時に

だけその利用価値があるモノだからです。

健康な人であればわざわざマスクを着けようとは

普通は考えないでしょう?

この事は今回のプロジャクトにおいて

とても重要なポイントだと思います!


それからもう1つ。

今回のアンケート調査で感じた実感は

マスクを日ごろ着けない理由として


“着ける習慣がないから”

という意見が圧倒的に多かったように思います。

冬場から今の時期にかけて

年々マスクを着けている人の数は

増えているように街に出れば感じていましたが

全体数の割合からみれば

それでもまだごく一部の人たちであるようです。

特に花粉症でいえば、田舎よりも圧倒的に

発症者は首都圏に集中しており、

大気汚染や人口密集によるストレスなどが原因の

典型的な都市型病の症例といえるでしょう。


とはいうものの実際のマスク業界の売上は

年々右肩上がりで、環境汚染の悪化や新型ウイルス、

光化学黄砂の飛来など、今後ますます

アレルギー症状を発症する人の数が増えるのは

容易に想像できそうです。

この事は毎日のように繰り返される報道や

メディアのネガティブキャンペーンの刷り込みの

影響も多々あるように感じますが;

実際にその影響が一般社会に暗い影を落とし

負のスパイラルに陥って不安な毎日を過ごす方向へ

向かってしまったのでは環境も健康も

良くなるものすら良くならないのではないでしょうか。


企業もメディアも何かしら“モノ”を制作している

クリエイティブな側であるにも拘らず、

自らがメッセージを発信しているという意識の低さ、

質の低さが非常に問われていると私は思います。


マスクの持つ本質的な欠点、弱点は

逆に言えば最大のメリットにもなり得る。

そこにどんなメッセージをのせるのか?

クリエイティビティの本領発揮ですね☆乞うご期待!


 

   

☆よろしかったらポチっとお願いします☆

にほんブログ村 ライフスタイルブログ クリエイティブライフへ人気ブログランキングへ

|

« このマスクプロジェクトを考える -其の1- | トップページ | このマスクプロジェクトを考える -其の3- »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1169543/28999400

この記事へのトラックバック一覧です: このマスクプロジェクトを考える -其の2-:

« このマスクプロジェクトを考える -其の1- | トップページ | このマスクプロジェクトを考える -其の3- »